■弁護士保険(弁護士費用特約)の上手な使い方

最近、弁護士保険を使って、依頼を受ける場合が増えています。半数以上の方が、弁護士保険を使っている印象です。でも、せっかくの弁護士保険、もっとうまく使えばと思うことも多いのです。
そこで、弁護士保険を上手に使うポイントです。

1 早く弁護士に相談し、依頼しましょう。

相談料、着手金の心配がないのですから、迷うことなく、早く弁護士に相談し、依頼しましょう。
事故直後から、弁護士の助言を受け、落ち着いて治療を受け、損保会社との対応は全て弁護士に任せることができます。支払を受ける賠償額も、かなり増えるはずです。

2 弁護士は、自分で選ぶことができます。

自分の保険の代理店や損保会社が弁護士を指定するわけではありません。
自分で信頼できそうな弁護士を選び、弁護士保険を使うことができます。
当事務所は、被害者側弁護士としての立場を一貫するために、損保会社の顧問はしていません。

3 弁護士保険を使っても、保険料は上がりません。

加害者として保険を使い賠償をすると保険料が上がりますが、被害者として弁護士保険を使っても保険料は上がりません。

■セカンドオピニオン相談やっています。

原総合法律事務所では、以前から、セカンドオピニオン相談を行っていますが、最近、問い合せが増えたので、改めてのご案内です(→こちら)。

最新情報

2018.12.21 お知らせ 年末年始の営業について
2017.12.27 お知らせ 年末年始の営業について
2017.08.08 お知らせ お盆休みのお知らせ
2017.01.01 お知らせ あけましておめでとうございます
2016.12.19 お知らせ 年末年始の休業日について

ページのトップへ